読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水鳥的ベースキャンプ。

水鳥のアフォな日常晒します。

エコナ返品完了。

以前の記事でエコナについて書きましたが、ようやく返品したのでその経緯を。

…郵送しただけだろ、経緯もクソもねぇだろ、って仰りたい気持ちはよぉく分かりますすす。


フッ、分かってねぇなぁ。

私には一大イヴェントなのサ。


だってさだってさー聞いてよー私、モノを梱包したことなんて、今までの人生、にじゅーほにゃらら年間で一度たりとも無いんですよっ?

なので、郵便局で聞いてみました。

私「あのー…すいません、モノを郵送したいんですケド、梱包ってこちらで出来ますか?」

クッ!皆の嘲笑が聞こえるようだゼ!(←被害妄想)

仕方ないだろ、やったことないんだから!!!

郵「あ、ハイ。こちらで梱包するものをお買い上げいただくカタチになりますけれども。(上の方の壁を示し、)あちらからお選び下さい」

郵便局員さんが示した方向を見ると…

わ、袋とか段ボール箱が値札付きでブラ下がってる。

郵便局に来たことは何度もあったのに、全然気付かなかった…。

私「えーと…どれなら入りますかね?」

郵「(私の持っている紙袋をチラッと見て)そうですねー…中サイズの箱くらいでしょうか」

確かに段ボールを選ぶなら、小サイズだと入りそうにない。

ううう。出来れば必要最低限の出費で抑えたい。

仕方ないので中身、見せました(笑)


私が持ってきたエコナ:お中元ぽいサラダ油一箱、大きめサラダ油2本、小さめサラダ油3本


顔色ひとつ変えない局員さんに、逆に恥ずかしい気持ちになりました(笑)

郵「あー…一番小さい袋で入るかもしれませんね。それが一番お安いですし。こうして先に(サラダ油の)箱を入れまして…あとは空いているところに入れて頂ければ」

一番小さい袋…100え〜ん♪

郵「あとはこちら、書いて下さいね」

渡された送り状。

私「…着払いで

郵「あっ、着払いですか。それじゃあこれじゃなくてこちらです」

…危ない危ない。

罠はいっぱい待ち受けている。


…ふぅ。

そんなこんなで人生初の梱包&郵送は終了した(笑)

何だ、振込みとか全然関係なかったや。

そもそも着払いで、お返しは商品券なんだから振込み関係あるわけないじゃんね。

あとは無事、商品券が送られてくるのを待つだけだわ〜。

私と同様、梱包やったことなくってエコナ返品が不安〜〜という方…が居るかどうか知りませんが、そんな方は上記のような感じでどうぞやってみて下さい。