読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水鳥的ベースキャンプ。

水鳥のアフォな日常晒します。

実写版黒執事、続報

映画

剛力、超イケメン男装!映画「黒執事」で初挑戦! - MSN産経ニュース

 女優、剛力彩芽(20)が来春公開予定の映画「黒執事」で男装に初挑戦することが4日、分かった。同作で、3年ぶりに本格俳優復帰を果たす水嶋ヒロ(28)扮するナゾめいた執事の“主人”役で、剛力はショートヘアを生かしたビジュアル写真も公開。「人間の感情を出していけたら」とクールに意気込んでいる。(サンケイスポーツ

 女子高生検事、古本店の女店主など、キュートな役柄を多数演じてきた剛力が“男”になる。

 「黒執事」はミステリー仕立てのダークファンタジーで、累計発行部数1400万部超の同名人気コミックをもとに、時代設定を変えた新しいストーリーだ。

 剛力が演じるのはオリジナルキャラクターで、英名門貴族の末裔の少女、幻蜂汐璃(げんぽう・しおり)役。男子しか巨大企業「ファントム社」の当主になれないため、男装して清玄(きよはる)と名乗り、実は悪魔という執事、セバスチャン・ミカエリス(水嶋)と難事件をウラで解決していく役どころだ。

 汐璃のキャラクターを構築した松橋真三プロデューサーが配役を考えた際、最初に思い浮かんだのが剛力で、「強い瞳を持ち、少年のようなショートヘアが、運命を背負い男装して生きる汐璃にピッタリ」とオファー。これに「一気に読んでしまった」というほど原作にハマった剛力が快諾し、人生初の男装役が決まった。

 先月、ビジュアル写真の撮影が行われた際、短い髪形をいかしたルックスのみならず、男らしいたたずまいを披露した剛力に、大谷健太郎監督(47)は「思わず息をのみました」と絶賛。共同監督を務めるさとうけいいち氏(47)も「彼女の日常から遙かに遠い不思議な世界を理解し挑むその姿は、この世界を楽しむ余裕さえ感じます」と感嘆している。

 同作は今月1日にクランクイン。撮影を楽しんでいるという剛力は、「男装した女性ということで、いろんな役作りを考えています」と気合十分。「実写化することでより人間の感情というモノを出していけたら」と男らしく約束している。


セバスチャンが水嶋ヒロってことでびっくりしていました実写版黒執事でしたが

さらにびっくり

友達のブログで知りました…実写版黒執事の続報…

シエルは!?シエルいないの!?

シエルいないなら、ただの執事映画じゃん!

別に黒執事じゃなくていいじゃん!!

とか思ってしまった…。

可愛いコの男装は嫌いではないので、黒執事ってタイトルじゃなかったら絶賛してたと思うなぁ。

なんだかんだで映画観に行っちゃいそうな気がするけど(笑)