読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水鳥的ベースキャンプ。

水鳥のアフォな日常晒します。

センス・オブ・ワンダー

友人がちょろっと舞台に出るというので、昨日、光が丘のIMAホールまで行ってミュージカルを観て来ました。

タイトルは『センス・オブ・ワンダー』!

美しい海や森を愛し、企業による環境破壊を警告した著書「沈黙の春」を出版して、たった一人で国や企業を相手に闘い、「地球の恩人」として謳われたアメリカの女性海洋生物学者レイチェル・カーソンの生涯を、美しく感動的な歌で綴るミュージカルです。今年は「沈黙の春(1962年出版)」の出版50周年にあたります。私たち人間が、自然の素晴らしさ、美しさをもっともっと大切に考えるように願いながら、2012年の春、このミュージカルを贈ります。

〜パンフレットより引用〜


主役のレイチェル・カーソン役には、ディズニー映画の『美女と野獣』でベルの吹替えの声と歌を担当している伊東恵里さんが出演。

元劇団四季の井科瑠美さんが特別出演していた他、一緒に行ったミュージカル好きの友人曰く、「割と知っている名前が何人かいる」とのこと。

私達の席はS席でしたが、具体的にどこを取れたのかよく分かってなくて…行ってみてびっくり、センターやや左寄りの最前列(笑)

表情まで見える!生声も聴こえる!すんごい迫力!

全体的に歌上手くて…伊東恵里さんの歌声はものすごい安定感で、あそこまでいくと最早楽器だな、って思いました。

ストーリー的には、最初パンフ見た時は「伝記だし、環境破壊がどうのこうのだし、堅苦しいお話なのかな?」って思ってましたが、とんでもない!

面白かったです〜ところどころに笑いどころをしこんであるのがまた(笑)

最後は感動に耐え切れず、ボロ泣きしたんですが、舞台が暗転した後、涙を拭き終わる前に明るくなってしまい、目の前には出演者の皆様が勢揃い。

私、最前列。

ちーん。

超恥ずかしかったです…。

良い舞台でした、観に行って良かった!